スポンサードリンク

偏差値ランキング

大学の偏差値ランキングは、大手の予備校などから、毎年発行されています。

国公立なら東京大学、京都大学、一橋大学、大阪大学。私立なら、早稲田大学、慶應義塾大学、ICU、上智大学、等々が、「偏差値の高い大学」としてランキング上位の常連となっています。

受験生が大学を選ぶ基準としては、何といってもトップは偏差値です。大学の知名度や就職状況、取得できる資格、ブランドイメージ等々もありますが。

自分の偏差値で狙える大学の中で、最も偏差値の高いところを選ぶ――。こんなスタイルが定着しているのかもしれません。

最近は少子化の影響もあって、入学希望者が入学定員と同数になるという数字の上では、「大学全入時代」に突入すると言われています。

でも、偏差値の高い大学は、相変わらず厳しい合格率となっており、偏差値での大学のランキング付けは、これからもまだ続きそうです。
posted by 大学偏差値ランキング at 19:35 | 大学の偏差値ランキング

大学の偏差値について

大学の偏差値ランキングは、毎年、代々木ゼミナールや河合塾、駿台予備校等の大手予備校から発行されています。

大学受験の際に、受験生が志望校を選ぶポイントは何でしょうか?
学部での教育内容や大学の知名度、就職実績などももちろんありますが、やはり、一番重視するのは偏差値でしょう。

 多くの受験生が、偏差値ランキング表と自分の偏差値を照らし合わせて、志望校を決めています。
偏差値ランキングの高い難関大学に人気が集中する一方で、少子化の影響により定員割れを起こす私立大学も出てきました。

偏差値ランキング表には、東大、京大をはじめとして、一橋大、阪大、早稲田大、慶應大、ICU、上智大等々が上位に名を連ねます。

少子化や大学の新設ラッシュなどの影響で「大学全入時代」を迎えたとはいえ、偏差値の高い大学は、いまだ難関である事に変わりはありません。

中学受験、高校受験から続く“偏差値信仰”は、今後もまだまだ崩れそうにありません。
posted by 大学偏差値ランキング at 19:29 | 大学の偏差値ランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。